新しいものづくりがわかるメディア

RSS


金属加工業がキャンプギアブランドを立ち上げ、CAMPFIREで資金調達開始

東京・昭島市の金属加工業者が設立したキャンプギアブランドが、CAMPFIREで資金調達を開始した。

photo

プロジェクトオーナーは、金属加工業を行う柴田製作所。同社によると、コロナウイルスの感染拡大の影響によって、多くの中小企業が需要低迷による未曽有の業績低下に陥り、廃業を検討せざるをえない状況となっているという。その中で、新規事業として金属加工技術を生かしたキャンプギア事業「アキシマキャンプギアファクトリー」を設立した。

CAMPFIREで調達した資金は、シンプルな鉄板に溝を切ったものが欲しいというニーズに応えるため、新たにフライス盤の導入に用いる。

photo

現在のラインアップは、アウトドア鉄板「トウキョウサンA5」「トウキョウサンD148」「トウキョウサンD210」の3種類だが、今後は要望や意見を取り入れながら製品群を拡充して行く予定だ。

3980円の支援でアウトドア鉄板トウキョウサンA5を送るプランなどを用意。加えて、出資金額が目標額に達した場合、返礼品に加えて、新規フライス盤にて加工した溝付きのアウトドア鉄板が送られる。

CAMPFIREにて2021年5月30日までクラウドファンディング中だ。目標額は200万円。製品発送は同年6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る