新しいものづくりがわかるメディア

RSS


金属加工業がキャンプギアブランドを立ち上げ、CAMPFIREで資金調達開始

東京・昭島市の金属加工業者が設立したキャンプギアブランドが、CAMPFIREで資金調達を開始した。

photo

プロジェクトオーナーは、金属加工業を行う柴田製作所。同社によると、コロナウイルスの感染拡大の影響によって、多くの中小企業が需要低迷による未曽有の業績低下に陥り、廃業を検討せざるをえない状況となっているという。その中で、新規事業として金属加工技術を生かしたキャンプギア事業「アキシマキャンプギアファクトリー」を設立した。

CAMPFIREで調達した資金は、シンプルな鉄板に溝を切ったものが欲しいというニーズに応えるため、新たにフライス盤の導入に用いる。

photo

現在のラインアップは、アウトドア鉄板「トウキョウサンA5」「トウキョウサンD148」「トウキョウサンD210」の3種類だが、今後は要望や意見を取り入れながら製品群を拡充して行く予定だ。

3980円の支援でアウトドア鉄板トウキョウサンA5を送るプランなどを用意。加えて、出資金額が目標額に達した場合、返礼品に加えて、新規フライス盤にて加工した溝付きのアウトドア鉄板が送られる。

CAMPFIREにて2021年5月30日までクラウドファンディング中だ。目標額は200万円。製品発送は同年6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る