新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiにUSB接続できるリアルタイムクロックモジュール「USB RTC」

Raspberry Pi用リアルタイムクロック(RTC)モジュール「USB RTC」がKickstarterに登場し、クラウドファンディングを順調に進めている。

USB RTC

Raspberry Piはリアルタイムクロックを内蔵しておらず、fake-hwclock機能によってシャットダウンする直前の時刻を記録し、再起動時にその時刻から再開する。起動後、インターネットに接続していればNTPで時刻合わせされるが、正確な時間を必要とするアプリケーションや、インターネット接続なしで自動的に時刻を合わせたい場合は、Raspberry PiにRTCを取り付ける必要がある。

USB RTCは、高精度クロックチップ「DS3231」とUSB-I2C/UART変換チップ「MCP2221」を組み合わせたRTCモジュール。クロックの保持には3Vのボタン型電池「CR1220」が使われている。DS3231は、温度補償型水晶発振器(TCXO)と水晶発振子を内蔵し、温度範囲0~40℃で±2ppmの高精度を実現している。

USB RTC

DS3231はI2C接続のチップだが、USB RTCではMCP2221を使ってUSB2.0に変換している。こうすることで、ジャンパー接続やはんだ付けをすることなくRaspberry PiにRTCを取り付けることができる。USB RTCをPCのUSBポートに接続して使うことも可能だ。

USB RTCのキャンペーン価格は、14ポンド(約2100円)。5個セットの割引価格は65ポンド(約9800円)、10個セットの割引価格は120ポンド(約1万8000円)だ。出荷は2021年5月の予定で、日本への送料は20ポンド(約3000円)だ。

USB RTCは500ポンド(約7万5000円)を目標に、2021年5月2日までクラウドファンディングを実施するが、キャンペーン開始から2時間で目標額を達成し、2021年4月23日時点で目標額を上回る約2200ポンド(約33万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る