新しいものづくりがわかるメディア

RSS


鉄工所が展開する溶接体験テーマパークが神奈川県内でオープン

職人から溶接の手ほどきを受けている様子

「溶接のテーマパーク アイアンプラネット」の「ベースオブ湘南」が神奈川県秦野市にオープンする。

アイアンプラネットは、溶接や金属加工を体験する場として、福井県坂井市の長田工業所が自社の溶接加工工場を一般向けに開放しているサービスで、国内の中小製造業を拠点としたフランチャイズ展開もしている。

今回発表したベースオブ湘南を運営するのは建設施工や耐震診断、構造設計などのコイズミ。2021年4月15日付けでfabcrossが報じた栃木県栃木市の八興製作所によるベースオブ栃木に続き3店目の出店となる。

ベースオブ湘南では2021年4月24日から、人数制限をした上で溶接体験ワークショップを開催する。体験時間は1~3時間で価格は2200~1万1000円を予定している。体験テーマはスツールやシェルフ製作などを予定している。

今後は2021年夏から秋にかけて岐阜県や富山県での出店を計画しているということだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る