新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルさにこだわる——秋東精工、1/1スケール「寿司プラモ」発売

秋東精工は、リアルさにとことんこだわった1/1スケールの「寿司プラモ」を発売した。

photo

同製品で1貫が作れて、種類は鮪とサーモンの2種類。米粒パーツは364粒。パッケージは、令和の時代にタイムスリップした昭和の酔っ払い親父のお土産を連想するものだ。

photo

組立が必要なプラモデルで、別途接着剤やニッパーが必要。1貫作るのにかかる時間は、40分~1時間程度。作り方に決まりはなく、寿司ネタとシャリが組み合わされば、それでOK。寿司ネタの上にシャリを1粒1粒接着したり、シャリを握るように粘着系の洗浄剤を米粒パーツに振りまいて手でぎゅっと握っても固まるという。

photo

米粒を使う量も形の作り方も、すべては腕次第で、寿司ネタに塗装を施すと、よりリアル感を上乗せすることもできる(塗料は別途必要)。税込価格は1430円で、Amazonにて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る