新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルさにこだわる——秋東精工、1/1スケール「寿司プラモ」発売

秋東精工は、リアルさにとことんこだわった1/1スケールの「寿司プラモ」を発売した。

photo

同製品で1貫が作れて、種類は鮪とサーモンの2種類。米粒パーツは364粒。パッケージは、令和の時代にタイムスリップした昭和の酔っ払い親父のお土産を連想するものだ。

photo

組立が必要なプラモデルで、別途接着剤やニッパーが必要。1貫作るのにかかる時間は、40分~1時間程度。作り方に決まりはなく、寿司ネタとシャリが組み合わされば、それでOK。寿司ネタの上にシャリを1粒1粒接着したり、シャリを握るように粘着系の洗浄剤を米粒パーツに振りまいて手でぎゅっと握っても固まるという。

photo

米粒を使う量も形の作り方も、すべては腕次第で、寿司ネタに塗装を施すと、よりリアル感を上乗せすることもできる(塗料は別途必要)。税込価格は1430円で、Amazonにて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る