新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メロディ・インターナショナル、東南アジアで周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」運用開始

メロディ・インターナショナルは、東南アジアリージョンのクラウドサーバーを開設し、第1弾としてタイ・チェンマイの周産期サーバーをクラウドに移行して運用を開始した。

photo

既にタイ、カンボジア、ミャンマーなどで導入されている同社の分娩監視装置「iCTG」は、日本のMicrosoft Azureサーバやチェンマイ大学のオンプレミス周産期サーバーで運用していたが、医療データは国によって運用基準が設けられている場合もあり、日本国内のサーバーを使ったサービスの提供が難しい場合もあったという。

photo

そこで、よりシームレスでフレキシブルなサービスを提供するため、東南アジアリージョンのMicrosoft Azureサーバーによる周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」サービスを開始した。クラウドサーバー運用開始と、2021年1月のタイFDAライセンス取得とあわせて、今後タイを中心とした周辺国の医療機関へ導入する。

photo

第1弾として、これまでチェンマイ大学のオンプレミス周産期サーバーで運用していた妊婦と胎児の医療データを、クラウド運用に移行。チェンマイ地区では、25の公立病院の全てにiCTGを導入し、産婦人科医が常駐しない16の医療機関から、産婦人科医のいる病院とデータを共有することで、1次医療機関から3次医療機関をつなぐネットワークを構築した。データの共有には、メールとSNS(LINE)を連携したチェンマイ独自のシステムを採用したICTリファラルネットワークとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る