新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レコードのアナログ音源を自動で操り、発光しちゃうマシンDJ「クロノ=フォノグラフ」

クロノ=フォノグラフ(キンミライガッキのYouTubeより)

キンミライガッキが、レコードの回転を機械的にコントロールすることで多様な演奏ができる「クロノ=フォノグラフ」を発表した。

4枚のレコードを配置した様子。 4枚のレコードを配置した様子。

クロノ=フォノグラフは、従来、アナログプレーヤーでやっていたスクラッチやミュート、逆再生といったプレイを自動化できるほか、機械の特性を生かしてより正確にプレイできることが特色だ。

同システムは4基のレコードユニットから構成されており、それぞれのレコードの音を組み合わせて新しい曲を作ることも可能だ。演奏者が狙った位置で正確かつ繰り返し再生できるので、アナログ方式のサンプリングマシンのような使い方もできる。さらにレコード再生中にターンテーブルが発光したり、レコードが回転するさまを時計のような針で確認できたりと見た目でも楽しめるよう設計されている。

キンミライガッキでは現在、同社による楽器開発やライブ配信を支援するためのクラウドファンディングをCAMPFIREで実施している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る