新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キャラクターと一緒に楽しく学習、技術評論社が「やさしくわかるPythonの教室」刊行

技術評論社は、「やさしくわかるPythonの教室」を2021年5月15日に刊行する。

同書は、キャラクターによる対話形式の解説と、イラストと併せて紹介する分かりやすいコードからPythonを学習できるようになっている。全6章構成。

前半の2章でプログラミングについてやPythonの基本について解説した後、Chapter 3「処理の流れを制御しよう」では分岐や反復、条件分岐やリスト処理、繰り返し処理などプログラミングの基本的な構文について解説する。

Chapter 4「ライブラリでPythonはもっと楽しくなる」では日付時刻を扱うdatetimeやファイルを操作できるpathlib、正規表現用のreといった各種ライブラリについて解説。Chapter 5「関数とクラスで処理をまとめよう」では、関数の作成や変数と値の関係に加えて、クラス定義、関数とクラスのモジュール化についても取り扱う。

さらに、Chapter 6「サードパーティ製ライブラリで世界はさらに広がる」では、AI用ライブラリのTensorflowなどについても解説する。

著者はリブロワークス、監修はビープラウド。B5変形判224ページで、価格は2310円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る