新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キャラクターと一緒に楽しく学習、技術評論社が「やさしくわかるPythonの教室」刊行

技術評論社は、「やさしくわかるPythonの教室」を2021年5月15日に刊行する。

同書は、キャラクターによる対話形式の解説と、イラストと併せて紹介する分かりやすいコードからPythonを学習できるようになっている。全6章構成。

前半の2章でプログラミングについてやPythonの基本について解説した後、Chapter 3「処理の流れを制御しよう」では分岐や反復、条件分岐やリスト処理、繰り返し処理などプログラミングの基本的な構文について解説する。

Chapter 4「ライブラリでPythonはもっと楽しくなる」では日付時刻を扱うdatetimeやファイルを操作できるpathlib、正規表現用のreといった各種ライブラリについて解説。Chapter 5「関数とクラスで処理をまとめよう」では、関数の作成や変数と値の関係に加えて、クラス定義、関数とクラスのモジュール化についても取り扱う。

さらに、Chapter 6「サードパーティ製ライブラリで世界はさらに広がる」では、AI用ライブラリのTensorflowなどについても解説する。

著者はリブロワークス、監修はビープラウド。B5変形判224ページで、価格は2310円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る