新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」

iftinyは2021年4月28日、プログラミング教材の「micro:bit basic」を販売開始した。

同製品はmicro:bit v2本体に加え、本体を動作させるために必要な電池ボックスやシリコンケース、USBケーブル、さらに収納用の専用バッグを含めたセットだ。個人の場合、Amazonから購入できる。価格は5500円(税込)。

同製品には学習に最低限必要な道具がそろっているため、何を購入すべきかを悩むことなく、プログラミング学習を始められる。専用バッグはポケットに収納できるサイズなので、自分でプログラミングした作品を持ち歩くことも可能だ。

また、上記セットに加えてmicro:bit v2の概要や仕様、利用方法と手順、基本機能、プログラムサンプルなどを記載したオンラインドキュメントを無料で提供する。初めてmicro:bitを扱う初心者が理解しやすいよう、本体以外にPCやソフトウェアなどの扱い方法も記載している。データシートも記載されているため、リファレンスとしても利用できる。

なお自治体や企業(法人)が購入する場合は、iftinyに問い合わせが必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る