新しいものづくりがわかるメディア

RSS


植木鉢に差し込んで水分検出できるセンサー、Waveshareが販売

Waveshareは2021年4月28日、「土壌用湿度センサーモジュール」の販売をKSYの「Raspberry Pi Shop」で開始した。

同製品は土壌の水分を検出できるセンサーだ。土壌の水分レベルの増加に合わせて出力電圧が上昇する仕組みを採用している。植木鉢などの土に差し込むことで土壌の水分量を検出可能だ。プラグも実装済なので、はんだ付けなどの工作作業も必要なく、すぐに利用できる。

なお同社はRaspberry Piにこのセンサーを搭載する場合、I/O拡張ボードなどの利用を推奨している。

検出深度は38mm、動作電圧は2~5V。寸法は20.0×51.0mm、取付穴サイズは2.0mmで、価格は440円(税込、送料別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る