新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Spireteと15th Rock Ventures、アクセラレータープログラム「Human Augmentation Challenge」を共同開催

スポンサー賞を獲得すると、シェアオフィス「axle御茶ノ水」地下1階の利用権が与えられる。

Spireteと15th Rock Venturesは2021年4月30日、アクセラレータープログラム「Human Augmentation Challenge」を共同開催すると発表した。

同アクセラレータープログラムは、「人間拡張(Human Augmentation)」をテーマとしたスタートアップに特化している。プロジェクトごとにメンターをアサインし、Spireteが有するネットワークを活用することで、事業アイデア、ビジネスモデル、事業計画の仮説検証を繰り返す100日間の共創プログラムとして提供される。

なおHuman Augmentationとは、AI、ロボティクス、エレクトロニクス、AR/VR、ブレインマシンインターフェースなどの要素技術を組み合わせて身体能力を向上させ、これまでの人間では不可能だったさまざまなスキル習得を実現させることを定義している。

エントリー期間は2021年4月1日~6月30日。選考期間を経て、100日間共創プログラムは同年8月1日~10月31日、「デモデイ(仮)」は同年12月1日に開催予定だ。

最優秀賞には15th Rock Venturesからシード資金500万円、Spireteパートナー賞として賞金50万円が授与。スポンサー賞は、シェアオフィス「axle御茶ノ水」地下1階の利用権が与えられる。

応募資格は「VCからの資金調達が5000万円以下であること」に加え、「Human Augmentation関連技術を保有、もしくは関連事業での起業を目指すチームがあること」で、プロトタイプやPoC実施の有無については不問としている。応募組織に法人格の有無も問わない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る