新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大リーチ581mm——モジュラー構造の7軸ロボットアーム「AMBER B1」

7軸ロボットアーム「AMBER B1」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

AMBER B1は、ブラシレスサーボモーター、エンコーダー、Harmonic Driveレデューサーなどを組み合わせた独自のオールインワンサーボ(AIOS)システムを各関節に採用することで、人間のような細かな動きを模倣し、パワーと精度を兼ね備えた動作ができる。

photo

先端のアタッチメントを交換すれば、レーザー彫刻機、カメラ付きロボット、グリッパーはもちろん、マッサージ機としても使える。モジュラー構造のため、各アクチュエーターの修理やアップグレードが容易だ。

photo

ドラッグアンドドロップで制御できる専用ソフトウェア「AMBER Robot Studio」をはじめ、ユーザーのレベルに合わせた開発環境を提供し、さまざまなロボットアプリケーションを開発できる。市販の産業用ロボットアームよりも安価で、小規模生産にも適するとしている。

photo

リーチは581mmで、再現性は±0.05mm、最大TCP(ツールセンターポイント)速度は毎秒2mだ。本体の重さは7.8kgで、可搬重量は3kgまでとしている。動作電圧は12~60VDCで、消費電力は約200Wだ。100Mbpsイーサネット通信に対応している。衝突検知など安全機能も備える。

photo
photo

Kickstarterでの特別価格は、本体とRaspberry Pi 4B、緊急停止スイッチ、ケーブル、ACアダプターが付いて3999ドル(約43万4000円)。出荷は2021年10月の予定で、日本への送料は250ドル(約2万7000円)だ。

AMBER B1は、2021年5月20日までクラウドファンディングを実施中。5月12日時点で、1万ドル(約108万円)の目標額を大幅に上回る約37万6000ドル(約4095万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  3. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  4. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  5. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  6. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る