新しいものづくりがわかるメディア

RSS


聴力に合わせて音を最適化——補聴器にもなるBluetoothイヤホン「Olive Pro」

聴覚サポート機能付きBluetoothイヤホン「Olive Pro」がIndiegogoで予約注文を受け付けている。Olive Proは2021年1月に約95万ドル(約1億350万円)を集めプロジェクトを成功させており、現在出荷に向け生産を進めている。

photo

Olive Proは、2016年創業のスタートアップOlive Unionが開発。前モデルの片耳タイプ「Olive Smart Ear」は全世界で1万8000台以上を販売している。Olive Proでは両耳タイプとし、さらに音質や聞き取りやすさに改良を加えた。

photo

Olive Proの最大の特徴は、機械学習(ML)を活用した声認識やノイズキャンセリング機能など、音の最適化により聴覚に問題がある方にも聴こえやすくする機能を搭載していること。Bluetooth通信でのスマートフォンとの連携により、日常会話からテレビ鑑賞、高音質な音楽や通話などさまざまなシーンで聴覚をサポートする。

photo

Olive Proは、補聴器としてFDA(米国食品医薬品局)認証を受けており、軽度から中度の難聴の方にもストレスなく会話ができるとしている。iOS/Android対応の専用アプリを使えば、5分で個々に応じた最適な設定と調音が可能。また、会話/通話/テレビモードの選択や、使用時間や外音の音量などを確認できるヒアリングマネジメント機能が利用できる。

photo

Olive Proのサイズは20.3×20×31mmで重さは7g。ワイヤレス充電ケースのサイズは23×66×45mm、重さは28gだ。1回の充電で、約18時間使用できる。

photo

Olive Proの予定小売価格は299ドル(約3万2500円)で、今なら早割価格199ドル(約2万1600円)で入手できる。ワイヤレス充電ケース、USB Type-C充電用ケーブル、ウレタンフォーム製イヤーピース、ユーザーマニュアル、1年保証が付属する。2021年6月出荷を予定しており、日本への送料は25ドル(約2700円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る