新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電気代を自動で節約——「Nature Smart Eco Mode」提供開始

Natureは、同社が提供する電力小売サービス「Natureスマート電気」と、スマートリモコン「Nature Remo」を連携させることで、電気代が高くなる時間帯に自動的に節電する機能「Nature Smart Eco Mode」を提供開始した。

photo

Natureスマート電気では、電力の需要供給状況に応じて電気代が変動するスマートプランが用意されている。提供開始するNature Smart Eco Modeは、同プランにおいて電気代が高くなる時間帯を自動的に判別して、エアコンの温度設定を自動調整する機能だ。同社独自のアルゴリズムを活用することで、ユーザーは特に複雑な設定をしなくても節電ができる。まずは消費電力の大きいエアコンに対応し、今後順次対象の家電を拡大する。

photo

また、あらかじめ設定した電力量料金単価を上回った時に自動的にエアコンや照明を消すことができる機能もNature Remoに追加した。しきい値を超えた際に通知を受け取ることもできるので、その都度ユーザー自身で家電を操作することもできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る