新しいものづくりがわかるメディア

RSS


使用するたび効率が高くなる人工光合成デバイスの仕組みを解明

Image credit: Berkeley Lab

光と水を使って炭素を含まない水素燃料を作り出す人工光合成の技術は、無限の可能性を秘めている。ローレンス・バークレー国立研究所を中心とする研究チームは、安価で豊富に存在する材料を用いて作られた水分解装置の効率が、使うたびに上がる理由を明らかにした。メカニズムが解明されたことで、光と水から水素燃料を製造する技術の実用化が飛躍的に進む可能性があるという。研究成果は、『Nature Materials』誌に2021年4月1日付で公開されている。

この水分解装置は、ミシガン大学のZetian Mi教授らが3年前に発明したものだ。一般的な電子機器に用いられているシリコンと窒化ガリウムでできた半導体を材料とし、効率と安定性が従来技術に比べて2倍優れている。人工光合成装置の多くは、数時間使用すると効率が大幅に低下する。ところが、Mi教授のチームが開発した水分解装置は、使用するたびに自由電子がより多く生成し、水分解に自由電子を利用する能力も向上することが分かった。

今回、研究チームは、ローレンス・リバモア国立研究所の助けも借りて、この材料の自己改善という優れた性質が、窒化ガリウムに由来することを明らかにした。走査型透過電子顕微鏡と角度依存X線光子分光法を用いた分析の結果、窒化ガリウム粒子の側壁で部分的な窒素の酸素置換が起こり、ナノメートル単位の酸窒化ガリウム層が生じ、その結果、水素発生反応の触媒密度が高くなることを発見した。

窒化ガリウムから酸窒化ガリウムへの化学変化により、持続的な動作と触媒活性の向上が見込めることから、酸窒化物が水素発生用の保護触媒コーティングとして有望であることが示された。今後はこの新発見を利用して、より効率的な人工光合成デバイスを低コストで設計/製造したいと研究チームは述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る