新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Polyuseと前田建設工業が建設用3Dプリンターの共同実証実験を実施

Polyuseは2021年5月20日、前田建設工業と建設用3Dプリンターの共同実証実験を兼ねた実施工を行うと発表した。

Polyuseは、人材不足やコスト増加などの建設業界が抱える課題の解決策として、建設用3Dプリンター事業を推進しており、2021年度には実際の建設現場への実装段階に進んでいる。また、同年4月21日には開発チーム体制強化や開発環境の拡充のため8000万円の資金調達を行った。

一方、前田建設は、保有する複合的な技術や開発体制が建設業界の本質的な課題に対して、解決の一助となる可能性を協議/検証してきた。同社は技術とアイデアを通して社会課題を解決するオープンイノベーションプラットフォームとして、ICI総合センターを2019年にオープンしている。

共同実証実験では、Polyuseが建設用3Dプリンターの開発を担う一方、前田建設工業は建設用3Dプリンターに関する知見共有、実証実験の企画/協力、建設用3Dプリンターの利用/評価を担当する。

共同実証実験では実際の建設現場に近い環境の下、建設用3Dプリンターを活用し、省人化とコスト削減を意識しつつ土木構造物の施工を行う。実施期間は同年6月1日~6月7日で、うち数日間で建設用3Dプリンターなどの見学会やICI総合センターの案内を実施する。

なお、新型コロナウイルスの関係上、見学会は各関係者への完全招待制になる予定だ。また、関東近郊の新型コロナウイルスの状況次第では、見学会を中止する可能性もある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  3. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  7. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る