新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無人戦術航空機「Valkyrie」、小型ドローンの空中発射に成功

Courtesy photo

アメリカ空軍研究所(AFRL)は、無人戦術航空機「XQ-58A Valkyrie」の6回目の試験飛行を行い、内部爆弾倉から小型無人機(SUAS)の分離に成功したと発表した。

XQ-58A Valkyrieは、全長30フィート(約9m)、翼幅27フィート(約8m)の無人航空機。巡航速度マッハ0.72(時速約882km)で飛行し、航続距離は3000海里(約5600km)。増大する戦術航空機のコストを抑えることを目的としたAFRLの「低コスト消耗型航空機技術(LCAAT)」ポートフォリオの一部として開発された。

XQ-58A Valkyrieは、滑走路に依存しない、再利用可能な航空機で、幅広い運用任務が可能だ。低調達価格で開発され、従来の有人/無人機と同じ重要任務を達成でき、かつ運用費が大幅に低くなるように設計されている。

XQ-58A Valkyrieから分離されたSUASの「ALTIUS-600」は、全長40インチ(約1m)、展開時の翼幅100インチ(約2.5m)、重量27ポンド(約12kg)の小型ドローン。巡行速度60ノット(時速約111km)で276マイル(440km)飛行、滞空時間は4時間で、電子戦、信号傍受など様々なミッションに使うことができる。

この試験の成功は、低価格高機能ドローンの有用性を示唆しているという。今後の飛行では、第5世代戦闘機との通信ゲートウェイとしての機能の実証試験を行う予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  6. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る