新しいものづくりがわかるメディア

RSS


米FLIR Systems、米軍から地上ロボットシステム600台を約76億円で追加受注

米FLIR Systemsは、同社の地上ロボット「Centaur」約600台を、米軍から7千万ドル(約76億円)以上で新たに受注したと発表した。

Centaurは、5自由度、リーチ75.5インチ(約1900mm)のアームとEO(電気光学)/IR(赤外線)カメラスイートを装備した無人地上車(UGV)。遠隔操作で地雷、不発弾、即製爆弾(自家製爆弾)などの爆発物や、化学(Chemical)、生物(Biological)、放射性物質(Radiological)、核(Nuclear)を用いたCBRN脅威などに対応できる。また、Centaurは機動性が高く、6インチ(約150mm)の障害物を乗り越えたり、階段や30度の傾斜を上ったりすることができる。

Centaurは、米陸軍の「Man Transportable Robot System Increment II(MTRS Inc II)」(人力可搬型ロボットシステムインクリメントII)プログラムに基づき開発されたUGV。2017年に米陸軍がCentaurをMTRS Inc IIのソリューションに選定して以来、空軍、海軍など他の軍種でも爆発物処理部隊に配備する地上ロボットとして採用されている。これまでにもCentaur1300台以上を、総額1億7000万ドル(約185億円)以上で同社は受注している。

FLIR Systemsの無人統合ソリューション事業担当副社長であるTom Frost氏は、「この多目的ロボットに対する強い需要は、無人技術がいかに軍の爆発物処理部隊をサポートしているかを示しており、当該部隊がより安全かつ効果的に作業できるようにするものだ」とコメントしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  6. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る