新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Pi ZeroでLEDスクロール表示——ケイエスワイ、17×7表示LEDマトリックスボード「Scroll pHAT HD」発売

ケイエスワイが、Raspberry Pi Zeroと同サイズの17×7LEDマトリックスディスプレイボード「Scroll pHAT HD」を発売した。

photo

同ディスプレイボードは、Raspberry Piのアドオンボードの仕様HATに準拠。HAT規格対応のRaspberry Piモデル(Pi 4B/3B+/3A+/3B/2B/B+/A+)およびZeroシリーズ(0/0W/0WH)などで使用可能だ。

photo

旧モデルのScroll pHATと比べ、ピクセル数は約2倍となる17×7、合計119個の高輝度タイプLEDを採用している。簡単なプログラミングで点灯パターンを制御でき、各LEDの輝度を個別に調整可能だ。文字やマーク、スクロール文字、イルミネーションなどのさまざまな表示が可能で、店舗の電光掲示板などとしても活用できる。

photo

多くのサンプルコードやライブラリーが用意されており、Raspberry Piの標準OS Raspbianの開発環境でも開発できる。LEDの制御にはISSIのIS31FL3730を採用。サイズは65×30×2.2mm(pHATフォームファクタ)で重量が11g。本体ボードに2×20ピン コネクター(×1)が付属する。LED色は白、赤、桃、橙、緑、青、黄の7色展開で、価格はいずれも1595円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る