新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スペースデブリ除去のアストロスケール、商用化技術開発に向けて資金調達実施

アストロスケールホールディングスは、スペースデブリ除去の商用サービス化に必要な技術開発のため、英国宇宙庁から250万ポンド(約3億8500万円)の資金提供を受けたことを発表した。

今回の資金提供は、欧州宇宙機関の総額3200万ポンド以上の通信システム先端研究「Sunrise」プログラムを通じて、英国宇宙庁が今回のパートナー企業となるOneWebとアストロスケール英国、その他SatixFy、Celestia UKへ付与するもの。

アストロスケールは2019年からこのプロジェクトに参画。今回の資金を活用して、軌道上ミッションを終えた複数の人工衛星を除去する衛星「ELSA-M」の技術を開発する。

なお、2021年3月に打ち上げおよび軌道投入に成功した同社のデブリ除去技術実証衛星「ELSA-d」は、現在低軌道での運用を続けており、同年夏に実施されるランデブー/近傍運用、分離/捕獲などの一連の実証実験に向けて準備を進めている。同衛星に搭載/採用されているソフトウェアやセンサー、アルゴリズムによって実現する自律型技術の多くは、より進歩した形でELSA-Mに搭載される予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る