新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make 3Dプリント、人に優しい純シリコーンの3Dプリントサービスを開始

DMM.make 3Dプリント事業で、高品質シリコーンを用いた3Dプリントサービスを開始する。

同サービスでは、もともとゴムライクやシリコーンゴムなどの硬度の低い素材を用いたプリントサービスを提供してきた。今回取り扱いを始めるのは、従来の3Dプリントでは造形の難易度が高いとされてきた純粋なシリコーン素材。樹脂などを使用したシリコーンライク素材と比較して破断強度が高く、柔軟性、耐熱性、耐薬品性および耐候性に優れる。

今回の3Dプリントサービスは、独自技術によりシリコーン3Dプリントサービスを実現させたスイス連邦工科大学チューリッヒ校発のスタートアップ、Spectroplastとの提携によって実現した。同社のシリコーンは、国際規格やアメリカ食品医薬品局(FDA)の認証を得ており、生体適合性が高く人体に優しい素材だ。

サービス提供は2021年5月26日から。本3Dプリントサービスは、カスタムメイドのウェアラブル製品などシリコーン独特の高い柔軟性を生かした製品開発への活用が期待されるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る