新しいものづくりがわかるメディア

RSS


環境中の電波からエネルギーを集めてウェアラブルデバイスに電力を供給する、伸縮可能なレクテナシステムを開発

IMAGE: PROVIDED BY LARRY CHENG

周囲環境にある電波からエネルギーを回収し、ウェアラブルデバイスに電力を供給する伸縮可能なアンテナとレクテナシステムが開発された。この研究は米ペンシルベニア州立大学を中心とした国際研究チームによるもので、2021年3月5日付で『Materials Today Physics』オンライン版に掲載された。

電子レンジからWi-Fi接続まで、電波は環境中に広がっており、いつでもどこにでもある。また、電波はエネルギーを消費する信号であるだけでなく、それ自体がエネルギー源でもある。このエネルギーは使用しないと単に無駄になってしまう。

そこで、研究チームはこのエネルギーを収集し、整流して電力に変える技術を開発した。具体的には、健康モニター用センサーから収集したデータをワイヤレス送信できる、伸縮自在の広帯域ダイポールアンテナシステムを作製した。このシステムは、金属コーティングされた導電性グラフェン上に組み込まれた、伸縮可能な2つの金属アンテナから成る。このシステムは広帯域設計で、引き伸ばしたり、曲げたり、ねじったりしても受信した高周波電力を結合し維持できる。

このシステムを伸縮可能な整流回路に接続すると、電磁波エネルギーを電気に変換できる「レクテナ」と呼ばれる整流回路付きアンテナができあがる。このレクテナが生成する電気は、ワイヤレスデバイスへの電力供給や、バッテリーやスーパーキャパシタといったエネルギー蓄積装置の充電に利用できる。

今回開発されたレクテナは、周囲環境の電波や電磁波をエネルギーに変換して、デバイスに搭載された温度や水和レベルなどをトラッキングするセンシングモジュールに電力を供給することが可能だ。

従来のウェアラブル健康モニタリングデバイスで利用されている太陽光発電や摩擦発電のような他の電力源と比較して、このシステムが生成するエネルギー量は少ないが、継続的に電力を生成できるという利点があるという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  6. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る