新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マテリアライズ、エアバスに3DプリントによるPA-FRパーツを供給

マテリアライズは、レーザー焼結技術(3Dプリント)を用いた航空機の実装部品の製造資格をエアバスより取得したと発表した。

photo PA 2241 FR

今回の認証では、材料に難燃性のポリアミド12ベースのEOS製PA 2241 FRを使用。PA 2241 FRは航空機部品の品質基準を満たした材料で、エアダクトやブラケットなどの航空機内装部品に使用される。

photo

PA 2241 FRに加えて、EOSシステムで3Dプリントするための各プロセスも認証の対象となった。同社はEOS P 770を含むEOSシステムを活用して、エアバス向けにPA 2241 FRの部品を製造する予定だ。

同社とEOSは、エアバスのプロセス仕様AIPS 03-07-022に基づいて、レーザー焼結部品を製造することを認証された最初のサプライヤーとなった。

同社はエアバスA350向けに約100種類の部品を製造しているが、さらにA320、A330、A340などのエアバス機のプラットフォームにも部品を供給することが決まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る