新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dゲームをリアルに体感——VRモーションシミュレーター「Yaw2」

ゲーミング向けVRモーションシミュレーター「Yaw2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。3年前に資金調達に成功した「Yaw VR」の次世代モデルだ。

photo

Yaw2のモーションレンジはロールが40°、ピッチが70°と広く、オプションのYawプラットフォームを加えれば、ヨー角(上下を軸とした水平面内の回転角度)360°が得られる。最高動作速度は1秒あたり360°と早く、ゲームへの没入感と臨場感を高めてくれる。

photo

他にも、操作遅延を低減するUltra-low latency、出力350Wのパワフルなモーター、スピードや加速感、エンジンや銃撃の振動をリアルに再現するビルドインバイブレーション、ゲームの時間を管理し、やり過ぎを防ぐタイムトラッカー機能など、充実したゲーム体験をするための機能を搭載する。

photo

ソフトウェア環境として、20以上の人気VRゲームをサポートし、カスタマイズが可能な独自の無料アプリ「Yaw VR Game Engine」など各種ソフトウェアツールを提供する。Oculus、HTC VIVE、Valve Index、PlayStation VRなど、各種メジャーなVRヘッドセットにも対応可能だ。

photo

LED付きの専用シートをオプションで用意するが、底がフラットで形状の合うシートであれば設置が可能。キーボード、マウス、ノートパソコンを置けるエルゴノミクスデスクもオプションで用意しており、作業スペースとしても活用できる。さらに、疲れた時には楽な姿勢で音楽を聴いてリラックスできるなど、さまざまなリラクゼーションプログラムも搭載している。

photo

Yaw2の価格は1090ドル(約11万9000円)で、日本への送料は300ドル(約3万3000円)だ。専用シートを追加する場合、さらに100ドル(約1万1000円)と送料155ドル(約1万7000円)が必要になる。2021年9月の出荷を予定している。

photo

Yaw2は、2021年6月8日までクラウドファンディングを実施中。6月1日時点で10万ドル(約1094万円)の目標額を大きく上回る約199万ドル(約2億1883万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る