新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大人も楽しめる電動紙飛行機「フライベリー」

K M-74型 VORTEX(旋風)

電動紙飛行機「フライベリー」がMakuakeで出資を募っている。

プロジェクト実行者の水野宏一氏は、2020年に定年退職するまで航空従事者を育成する学校でパイロットとして勤務していた航空のプロだ。

フライベリーは素材にスチレンペーパーを採用しており、専用充電ボックスを使って充電するだけで、小型コアレスモーターの力で飛行できる。また、コンデンサーやモーターを付け替えたり、オプションのデザインシールでボディーカラーを変更したりして、機体をカスタマイズすることも可能だ。

利用方法は、フライベリーと充電器を左手に持ち、右手で充電器のプラグを機体のソケットに差し込む。充電器のスイッチをオンにし、5秒経過してプラグを抜くとモーターが回るので、前に押し出すように投げると約40秒飛行する仕組みだ。

設計図にはQRコードが記載されており、読み込むと作り方や飛行原理、飛ばすコツを解説している以下の動画を閲覧できる。

機体は先尾翼(機体前方にある小さな翼)とガル翼(反り上がる翼)の主翼にツインテール(2枚の垂直尾翼)を備えた「K M-73型 STAR FLYER」のほか、カナード翼(前方に取り付けた小さな翼)と前進翼(前方に角度を持つ翼)にツインテールの「K M-74型 VORTEX」、デルタ翼を備えた「K M-77型 FALCON」の3種類から選択できる。

1機当たりの価格は3000円。Makuakeでは20%オフとなる2400円で購入できるプランを用意している(価格は全て税込)。

フライベリーはMakuakeで、2021年7月28日までクラウドファンディング中だ。目標金額30万円はすでに達成しており、同年5月31日の時点で35万円以上を集めている。リターンは2021年8月末までに出荷予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る