新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイ、Raspberry Pi Pico用モジュール2種発売

ケイエスワイは、Raspberry Pi Pico用の「LCDモジュール 1.14" 240×135 SPI for Pico」と「10-DOF IMU センサー モジュール for Pico」を発売した。

photo

LCDモジュール 1.14" 240×135 SPI for Picoは、6万5千色表示が可能だ。4つのユーザーボタンを備え、インターフェースは4線式SPI。Raspberry Pi Picoに直接取り付けることができるメス型ピンヘッダーを備え、ダプターボードを使って接続することも可能だ。解像度は240×135ピクセル、ディスプレイサイズは24.91×14.86mm、ピクセルサイズは0.1101×0.1035mm。税込価格は1760円だ。

photo

10-DOF IMU センサー モジュール for Picoは、分解能が16ビットの3軸ジャイロスコープ/3軸加速度センサー/3軸地磁気センサーを装備するICM20948と、気圧センサーLPS22HBを搭載した拡張モジュールだ。測定範囲はジャイロスコープが±250~2000°/秒、加速度センサーが±2~16g、地磁気センサーが±4900μT、気圧センサーが260~1260hPa 。通信はI2Cバスを使用し、Raspberry Pi Picoと組み合わせることで、温度や気圧などの環境検知データの収集や動作ジェスチャーや姿勢を検出するロボットを製作できる。税込価格は2420円だ。

photo

両製品共に、開発リソースおよびマニュアル(Raspberry Pi Pico C/C++およびMicroPythonのサンプル)が用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る