新しいものづくりがわかるメディア

RSS


64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」

64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。Allwinnerが開発したシングルコアRISC-Vチップ「D1(1GHz、XuanTie C906)」を搭載しており、Allwinner Online認定のキャンペーンだとしている。

photo

Nezhaは、注目が高まっているオープンな命令セットアーキテクチャ(ISA)RISC-Vベースの開発ボード。Tina/Debianをサポートしており、Debianをプリインストールしたmicro SD(16GB)と各種ケーブル込みの「ベーシックキット」が99ドル(約1万800円)で入手できる。

photo

85×56mmのボードにはD1のほか、512MB DDR3×2、256MBのNANDフラッシュ、MicroSDカードスロット、デバッグポート、USB2.0 Host、USB Type-C(USB2.0 OTG、5V入力)、イーサネットポート、MIC FPCコネクタ、HDMIポート、3.5mmオーディオジャック、Wi-Fi/Bluetoothモジュール、40ピンGPIOなどを搭載。64ビットRISC-Vのオープンソースコミュニティの活用や、IoTアプリケーションの開発向けに設計されている。チップの消費電力は0.1A@5V以下と低く、ヒートシンクが無くても50℃以下を保つとしている。

photo

Allwinnerコミュニティの公式オープンソースSDKを利用でき、Debianデスクトップシステムのポートなどが可能。プログラミングは、C/C++、JavaScript、WASM、Rust、GoLang、Pythonなどに対応する。IoTアプリケーション開発向けに、8インチのLCD、マイクアレイ、720P USBカメラなどのアクセサリーも用意している。

photo

Nezhaのベーシックキットは、今なら11%オフの早割価格768香港ドル(約1万800円)で入手できる。出荷は2021年6月の予定で、日本への送料は73香港ドル(約1030円)だ。2021年6月10日までクラウドファンディングを実施しており、6月7日時点で8万香港ドル(約112万円)の目標に対して約10万香港ドル(約148万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る