新しいものづくりがわかるメディア

RSS


64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」

64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。Allwinnerが開発したシングルコアRISC-Vチップ「D1(1GHz、XuanTie C906)」を搭載しており、Allwinner Online認定のキャンペーンだとしている。

photo

Nezhaは、注目が高まっているオープンな命令セットアーキテクチャ(ISA)RISC-Vベースの開発ボード。Tina/Debianをサポートしており、Debianをプリインストールしたmicro SD(16GB)と各種ケーブル込みの「ベーシックキット」が99ドル(約1万800円)で入手できる。

photo

85×56mmのボードにはD1のほか、512MB DDR3×2、256MBのNANDフラッシュ、MicroSDカードスロット、デバッグポート、USB2.0 Host、USB Type-C(USB2.0 OTG、5V入力)、イーサネットポート、MIC FPCコネクタ、HDMIポート、3.5mmオーディオジャック、Wi-Fi/Bluetoothモジュール、40ピンGPIOなどを搭載。64ビットRISC-Vのオープンソースコミュニティの活用や、IoTアプリケーションの開発向けに設計されている。チップの消費電力は0.1A@5V以下と低く、ヒートシンクが無くても50℃以下を保つとしている。

photo

Allwinnerコミュニティの公式オープンソースSDKを利用でき、Debianデスクトップシステムのポートなどが可能。プログラミングは、C/C++、JavaScript、WASM、Rust、GoLang、Pythonなどに対応する。IoTアプリケーション開発向けに、8インチのLCD、マイクアレイ、720P USBカメラなどのアクセサリーも用意している。

photo

Nezhaのベーシックキットは、今なら11%オフの早割価格768香港ドル(約1万800円)で入手できる。出荷は2021年6月の予定で、日本への送料は73香港ドル(約1030円)だ。2021年6月10日までクラウドファンディングを実施しており、6月7日時点で8万香港ドル(約112万円)の目標に対して約10万香港ドル(約148万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る