新しいものづくりがわかるメディア

RSS


64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」

64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。Allwinnerが開発したシングルコアRISC-Vチップ「D1(1GHz、XuanTie C906)」を搭載しており、Allwinner Online認定のキャンペーンだとしている。

photo

Nezhaは、注目が高まっているオープンな命令セットアーキテクチャ(ISA)RISC-Vベースの開発ボード。Tina/Debianをサポートしており、Debianをプリインストールしたmicro SD(16GB)と各種ケーブル込みの「ベーシックキット」が99ドル(約1万800円)で入手できる。

photo

85×56mmのボードにはD1のほか、512MB DDR3×2、256MBのNANDフラッシュ、MicroSDカードスロット、デバッグポート、USB2.0 Host、USB Type-C(USB2.0 OTG、5V入力)、イーサネットポート、MIC FPCコネクタ、HDMIポート、3.5mmオーディオジャック、Wi-Fi/Bluetoothモジュール、40ピンGPIOなどを搭載。64ビットRISC-Vのオープンソースコミュニティの活用や、IoTアプリケーションの開発向けに設計されている。チップの消費電力は0.1A@5V以下と低く、ヒートシンクが無くても50℃以下を保つとしている。

photo

Allwinnerコミュニティの公式オープンソースSDKを利用でき、Debianデスクトップシステムのポートなどが可能。プログラミングは、C/C++、JavaScript、WASM、Rust、GoLang、Pythonなどに対応する。IoTアプリケーション開発向けに、8インチのLCD、マイクアレイ、720P USBカメラなどのアクセサリーも用意している。

photo

Nezhaのベーシックキットは、今なら11%オフの早割価格768香港ドル(約1万800円)で入手できる。出荷は2021年6月の予定で、日本への送料は73香港ドル(約1030円)だ。2021年6月10日までクラウドファンディングを実施しており、6月7日時点で8万香港ドル(約112万円)の目標に対して約10万香港ドル(約148万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る