新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

インターステラテクノロジズは2021年6月1日、打ち上げを延期している「ねじのロケット(MOMO7号機)」の全面改良が完了したと発表した。

2020年7月に実施されたねじのロケットの打ち上げは、エンジンの点火器の不具合によって打ち上げ直前に安全装置が正常に作動し、打ち上げシーケンスを自動停止したため打ち上げを延期。また、2020年6月に打ち上げた「MOMO5号機」は飛行中のエンジンノズルの破損が原因で飛行中の姿勢が乱れ、安全確保のために緊急停止した。これらを受けて、同社はMOMO全体を改良することを決め、2020年夏から改良開発に着手した。

今回の改良では、MOMO5号機とねじのロケットでそれぞれ不具合が出ていたエンジンを中心として、全体のメジャーアップデートを施した。MOMOの全面改良は今回が初めてとなる。

また、打ち上げの信頼性を向上させることに加え、MOMOの量産化/高頻度な打ち上げに向けた改良のほか、2023年度に初号機打ち上げ予定のZERO開発のための技術実証も実施する。従来のMOMOを「MOMO v0」、新型を「MOMO v1」と呼称することも発表された。

MOMO v0の課題は、製造や性能のばらつきに加え、当日の環境によって不具合が生じる場合があることだった。また、過去のMOMO5回の打ち上げ経験から、運用を重ねる中で保守も課題のひとつだった。今回の全面改良では、エンジンシステム、機体艤装、アビオニクス、地上支援設備の4点を重点的に改良している。

記者会見アーカイブ動画

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る