新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「CEATEC 2021」はオンラインのみで開催

電子情報技術産業協会(JEITA)は、2021年10月19日~22日に開催予定の「CEATEC 2021(シーテック 2021)」を、当初予定していた幕張メッセとオンラインを組み合わせた開催形式から変更し、オンラインのみで開催することを決定した。

新型コロナウイルス感染症の影響により、首都圏における緊急事態宣言などが2021年6月20日まで延長されたことを受けて、来場者・出展者・関係者の安全を最優先に考慮した。4日間で来場者約15万人のCEATECは、幕張メッセにて来場者と出展者が安全で積極的な交流を図る環境を用意することが難しいと判断した。

CEATECは昨年初めて完全オンラインにて開催し、延べ15万人以上が来場した。CEATEC 2021は来場者と出展者とのコミュニケーションをより拡充した形で、ニューノーマル社会の未来を考え、昨年より進化したオンラインプラットフォーム上にて展開する。

スローガンは、「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」。出展者募集は6月中旬に開始予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る