新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

コガネイは、空気圧人工筋肉の制御を手軽に実現できるコントローラー「PMCシリーズ」を、2021年6月10日からeコマース(Amazonビジネス)で販売する。

同社の空気圧人工筋肉は、圧縮空気の供給/排気を切り替える空気圧バルブなどの空気圧機器、電気回路、プログラミングを組み合わせて制御する必要があったため、コンパクトにパッケージングしたPMCシリーズが開発された。

PMCシリーズは、Arduino uno R3に対応したシールド基板で、基板に小形の空気圧バルブを5台搭載している。電源は家庭用コンセントから供給可能で、空気圧の配管は搭載するバルブに空気圧源と動作させるロボットを接続するだけだ。同社の特設ホームページからダウンロードしたソースコードを、別売りのArduino uno R3に書き込み、パラメーターを設定するだけでロボットを制御できる。

「PMC-PT-AC」は、電源電圧はDC12V、消費電力は71~310mA、質量は63g、シリアル通信を使用。使用流体は空気で、使用圧力範囲は0~0.7MPa(別売の空気圧人工筋肉は0~0.3MPa)。ACアダプタが付属。税込価格は6万4900円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る