新しいものづくりがわかるメディア

RSS


800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊

日経BPは、「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」を発刊する。

ラズパイ工作 パーツ大全2021-2022は、Raspberry Piを使って電子工作をする際に利用できる800種類の電子パーツを紹介するムックだ。

第1章「電子工作の基本」では、Raspberry PiやPicoのプログラム作成環境、LEDとスイッチなどの電子パーツの購入方法や動かし方を解説している。

第2章「電子パーツ大全 47分野800種」では、LED、スイッチ、モーター、ディスプレイ、各種センサーなどを47分野に分けて紹介している。

第3章「6個の工作で学ぶ電子工作基本技21」では、ロボットやゲームなど6つの工作例を解説している。

第4章「実験して分かる電子パーツの動かし方」では、LED、温度センサー、サーボモーターなどの動かし方を学ぶ。

第5章「ラズパイの準備」では、Raspberry Piの種類、周辺機器の購入とOSの準備、デスクトップとコマンド操作などを解説する。

A4変型判164ページで、価格は2453円(税込)だ。発売予定日は2021年6月14日だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る