新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」

コンパクトな犬型ロボット「TiBeast」がKickstarterに登場し、出資を募っている。12サーボジョイントによる、自由度の高い動きが特徴だ。

photo

TiBeastはジャイロスコープを内蔵しており、ジョイスティックやゲーム用コントローラーを使いゲーム感覚で動かせるロボット犬。内蔵カメラやスピーカーを使ったエンターテイメント向けロボットとして、またはプログラミングやSTEM教育用プラットフォームとして利用できる。

photo

TiBeastの操作は、スマートフォンアプリやキーボード、マウス、PC用ゲームパッド、Xbox、プレイステーションのコントローラーなどでも可能。また、TiBeastの動作をリアルタイムに同期し、3DデジタルツインをPCのスクリーンに表示する独自開発のコントロールソフトウェア「Cradle Studio」を提供する。本体を使わず、PC上で3Dモデルをシミュレートして動かすこともできる。

photo

TiBeastの両サイドにはBluetoothスピーカーを、フロントには2メガピクセル120°FOVカメラを内蔵しており、動きに合わせて音楽を流したり、ライブ映像を見ながら操作したりできる。背面のレゴ互換のバックプレートには、レゴブロックのマウントが可能。オプションで、GoProマウント、Tactical Railマウント、Tacticalレーザー、Tacticalフラッシュライト、7インチタッチスクリーンモニターなど豊富なアクセサリーを用意している。最大ペイロードは1.5kgだ。

photo

上級者は、ゲーム開発ツール「Unity3D」を使いC# コードでプログラミングも可能。Unity3D互換の「Beast SDK」には3Dモデル、スクリプト、スプライトなどが含まれ、TiBeastのセンサー、アクチュエーター、Mental Blueprint機能などにアクセスでき、TiBeastをオリジナルのプロジェクトに組み込むこともできる。今後は対応言語を増やすとしており、学習プラットフォームとしても利用できる。

photo

TiBeastの予定小売価格は949ドル(約10万3800円)で、今なら数量限定早割価格389ドル(約4万2500円)で入手できる。2021年10月の出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

photo

TiBeastは、2021年6月10日までクラウドファンディングを実施中。6月9日時点で、目標額2万ドル(約219万円)を超える約3万ドル(約328万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る