新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」

コンパクトな犬型ロボット「TiBeast」がKickstarterに登場し、出資を募っている。12サーボジョイントによる、自由度の高い動きが特徴だ。

photo

TiBeastはジャイロスコープを内蔵しており、ジョイスティックやゲーム用コントローラーを使いゲーム感覚で動かせるロボット犬。内蔵カメラやスピーカーを使ったエンターテイメント向けロボットとして、またはプログラミングやSTEM教育用プラットフォームとして利用できる。

photo

TiBeastの操作は、スマートフォンアプリやキーボード、マウス、PC用ゲームパッド、Xbox、プレイステーションのコントローラーなどでも可能。また、TiBeastの動作をリアルタイムに同期し、3DデジタルツインをPCのスクリーンに表示する独自開発のコントロールソフトウェア「Cradle Studio」を提供する。本体を使わず、PC上で3Dモデルをシミュレートして動かすこともできる。

photo

TiBeastの両サイドにはBluetoothスピーカーを、フロントには2メガピクセル120°FOVカメラを内蔵しており、動きに合わせて音楽を流したり、ライブ映像を見ながら操作したりできる。背面のレゴ互換のバックプレートには、レゴブロックのマウントが可能。オプションで、GoProマウント、Tactical Railマウント、Tacticalレーザー、Tacticalフラッシュライト、7インチタッチスクリーンモニターなど豊富なアクセサリーを用意している。最大ペイロードは1.5kgだ。

photo

上級者は、ゲーム開発ツール「Unity3D」を使いC# コードでプログラミングも可能。Unity3D互換の「Beast SDK」には3Dモデル、スクリプト、スプライトなどが含まれ、TiBeastのセンサー、アクチュエーター、Mental Blueprint機能などにアクセスでき、TiBeastをオリジナルのプロジェクトに組み込むこともできる。今後は対応言語を増やすとしており、学習プラットフォームとしても利用できる。

photo

TiBeastの予定小売価格は949ドル(約10万3800円)で、今なら数量限定早割価格389ドル(約4万2500円)で入手できる。2021年10月の出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

photo

TiBeastは、2021年6月10日までクラウドファンディングを実施中。6月9日時点で、目標額2万ドル(約219万円)を超える約3万ドル(約328万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る