新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウクライナ発木製3Dパズル、新作「マッドバギー」が登場

Wood Trickの木製3Dパズルの新作「マッドバギー」が、Makuakeでプロジェクトを開始した。

photo

Wood Trickはウクライナの木製3Dパズルメーカーだ。同社の3Dパズルは天然の木材を使用した見た目の美しさが特徴。これまでオルゴールや壁掛け時計、ゴムの力で走る機関車など80種類を超えるモデルをリリースしてきた。

photo

今回登場するのはゼンマイと輪ゴムの力で自走するマッドバギーだ。荒野や砂漠を力強く走るアウトロー達のクールなバギーをイメージしたという。前輪と後輪にはサスペンションを装備。自走式エンジンのピストンの動きも再現した。細部にもこだわり、ハンドルも回転する。

photo

完成後サイズは25.5×12.5×11.0cmでパーツ数322個、組み立て想定時間は6~8時間だ。組み立て用にイラスト付きのマニュアルが付属する。

photo

支援およびリターンは、マッドバギー単品の「◆30個限定!【早割15%オフ】マッドバギー1個」5730円の他に、「【早割15%オフ】マッドバギー+ホットロッド」1万480円(いずれも税込)など他のモデルと組み合わせたものも用意した。

photo
photo

プロジェクト目標額20万円のところ、2021年6月9日時点で約4万8000円の支援が集まっている。なお、当プロジェクトはAll in型で、目標金額の達成に関わらず購入が成立する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る