新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大128個のプリセット音を使って自在に演奏「Stryde MIDI Controller」

「Stryde MIDI Controller」のKickstarterプロジェクトがプレッジ(支援)を募っている。

MIDI端子を通じてギターアンプやエフェクターなどに本製品を接続し、フットスイッチペダルを用いて、最大128個のMIDI音源のプリセットを記録可能だ。

現在選択中のプリセットは、前面部のLEDディスプレイに7セグの数字を表示する。ロードする前にキューイングするためのシークモードの他、プリセットを高速でスクロール(順逆送り)できるシークアクセラレーション機能も搭載しており、お気に入りのプリセットを素早く呼び出せるようになっている。

入出力端子としてMIDI INが1つ、MIDI OUTが2つ(DINと1/4インチTRS)の他、本体前面部に設定スイッチ1つとフットスイッチ2つを備えている。

なお下の動画内で紹介されているプロトタイプの寸法は3.75×4.5×2.0インチ(95.25×114.3×50.8mm)だが、最終的な製品版は3.5×3.0×1.75インチ(88.9×76.2×44.45mm)となる予定だ。

Kickstarterでの価格は119ドル(約1万3000円)。Stryde MIDI Controllerのプロジェクトは2021年6月18日まで。目標金額は4500ドル(約49万2000円)で、リターンの出荷は2021年10月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る