新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大128個のプリセット音を使って自在に演奏「Stryde MIDI Controller」

「Stryde MIDI Controller」のKickstarterプロジェクトがプレッジ(支援)を募っている。

MIDI端子を通じてギターアンプやエフェクターなどに本製品を接続し、フットスイッチペダルを用いて、最大128個のMIDI音源のプリセットを記録可能だ。

現在選択中のプリセットは、前面部のLEDディスプレイに7セグの数字を表示する。ロードする前にキューイングするためのシークモードの他、プリセットを高速でスクロール(順逆送り)できるシークアクセラレーション機能も搭載しており、お気に入りのプリセットを素早く呼び出せるようになっている。

入出力端子としてMIDI INが1つ、MIDI OUTが2つ(DINと1/4インチTRS)の他、本体前面部に設定スイッチ1つとフットスイッチ2つを備えている。

なお下の動画内で紹介されているプロトタイプの寸法は3.75×4.5×2.0インチ(95.25×114.3×50.8mm)だが、最終的な製品版は3.5×3.0×1.75インチ(88.9×76.2×44.45mm)となる予定だ。

Kickstarterでの価格は119ドル(約1万3000円)。Stryde MIDI Controllerのプロジェクトは2021年6月18日まで。目標金額は4500ドル(約49万2000円)で、リターンの出荷は2021年10月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る