新しいものづくりがわかるメディア

RSS


名古屋発のイノベーションを創出——「NAGOYA BOOST 10000 2021」参加者募集開始

名古屋市が主催するイノベーション人材育成プログラム「NAGOYA BOOST 10000(ナゴヤブーストテンサウザンド) 2021」の開催が決定した。イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプログラムで、昨年に引き続いての開催となる。

photo

同プログラムは、AI/IoTの技術や事業開発に必要なスキルと知識を身につける「AI/IoT人材ブーストプログラム for アントレプレナー」、社内事業を加速させるための最新テクノロジーや活用方法を身につける「AI/IoT人材ブーストプログラム for イントレプレナー」、および各プログラムの成果を発表し、さらなる飛躍の場とするプレゼンテーションイベント「ナゴヤブーストデイ」の3つの取り組みで構成されている。

photo

AI/IoT人材ブーストプログラム for アントレプレナーは、AIやIoTなど最新テクノロジーを使ったアイデアで起業にチャレンジしたい人など向けに、同テクノロジーの最新のプロトタイピング技術や事業開発に必要な知識、開発プロセス全般について数カ月をかけて学ぶ体験型プログラムだ。

photo

AI/IoT人材ブーストプログラム for イントレプレナーは、社内事業を加速させるための最新テクノロジーや活用方法を学べる担当者育成プログラムだ。最新テクノロジーについて事例を交えて幅広く学び、学んだ技術や知識を社内で応用できる人材を目指す。

募集は2021年7月18日までで、各コース25人程度の予定だ。プログラム実施期間は2021年8月から2022年2月までで参加費は無料。参加申し込みはNAGOYA BOOST 10000公式ホームページで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る