新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デュアルレーザーで金属にも刻印——出力10Wの卓上レーザー加工機「Wainlux L3」

高速かつ繊細なレーザー刻印とカッティングができる「Wainlux L3」がKickstarterに登場し、人気を集めている。デュアルLDからの光を合成したヘッドは、10Wの出力、80μmのスポット径、98%の効率を提供する。

photo

Wainlux L3は、卓上レーザー加工機「Wainlux」シリーズの新製品。金属、スレート、ガラスなどに彫刻できるほか、木材や皮革の切断もできる。加工時間も短く、5mm厚の木材も1回で切断可能で、切断面も滑らかだとしている。

photo

オートフォーカス機能を搭載しているので、万年筆やワインボトルなど曲面にも刻印できる。スマートフォンまたはPCから専用アプリで操作する。「プレビューモード」を使って、事前に加工エリアの確認ができる。AI、PDF、GIF、JPEGなど多くのファイル形式に対応する。

photo

Wainlux L3の大きさは504×504×216mmで、重さは4.6kgだ。加工エリアは190×210mm、Z軸のストロークは45mm。解像度は最大529dpiで、動作速度は最高100mm/秒としている。CE/IEC/FAD/FCCの認証を受け、保護シールドや衝突防止センサーなど安全機能も備える。

photo

早割価格は5431香港ドル(約7万6000円)。出荷は2021年8月の予定で、日本への送料は604香港ドル(約8500円)だ。オプションで、スペーサーや回転ローラーも用意している。

photo

Wainlux L3は、2021年6月25日までクラウドファンディングを実施中。6月21日時点で、8万香港ドル(約113万円)の目標額を大きく上回る約329万香港ドル(約4653万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る