新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイが「Raspberry Pi PoE+ HAT」の取り扱いを開始

ケイエスワイは「Raspberry Pi PoE+ HAT」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry PiをPoEに対応させるアドオンボードだ。同製品を利用すれば、ネットワークカメラ用途やIoTデバイス用途などでRaspberry Piを運用できる。2021年5月24日にRaspberry Pi財団が同製品の発売を発表していた。

Raspberry Pi 4B/3B+など、PoE用のGPIOピンヘッダー(4ピン)を搭載したRaspberry Piでのみ使用できる。プラグアンドプレイ機能で自動認識されるため、GPIOピンヘッダーに装着するだけで使用可能だ。

PoE規格はIEEE 802.3at-2003 PoE(クラス4)で、LANケーブル1本でIEEE 802.3at給電側機器(PSE)から電力を供給できる。入力は37~57VDC、出力は5VDC/4Aとなる。

搭載された冷却ファン(25mm)は、Raspberry PiのSoC温度に応じて回転速度が制御される仕組みを採用している。

ケイエスワイでの販売価格は2640円(税込)だ。

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る