新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイが「Raspberry Pi PoE+ HAT」の取り扱いを開始

ケイエスワイは「Raspberry Pi PoE+ HAT」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry PiをPoEに対応させるアドオンボードだ。同製品を利用すれば、ネットワークカメラ用途やIoTデバイス用途などでRaspberry Piを運用できる。2021年5月24日にRaspberry Pi財団が同製品の発売を発表していた。

Raspberry Pi 4B/3B+など、PoE用のGPIOピンヘッダー(4ピン)を搭載したRaspberry Piでのみ使用できる。プラグアンドプレイ機能で自動認識されるため、GPIOピンヘッダーに装着するだけで使用可能だ。

PoE規格はIEEE 802.3at-2003 PoE(クラス4)で、LANケーブル1本でIEEE 802.3at給電側機器(PSE)から電力を供給できる。入力は37~57VDC、出力は5VDC/4Aとなる。

搭載された冷却ファン(25mm)は、Raspberry PiのSoC温度に応じて回転速度が制御される仕組みを採用している。

ケイエスワイでの販売価格は2640円(税込)だ。

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る