新しいものづくりがわかるメディア

RSS


低温調理もおまかせ——薄型コンパクトなIH調理器「Njori Tempo」

薄くてコンパクトな本体に、自動温度調節機能や計量機能を搭載したIH調理器「Njori Tempo」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Njori Tempo独自のメニューダイヤルは、磁石で本体に付け外し可能で、調理モードの選択やIHの温度設定ができる。セラミックガラス製のトッププレートの中央には、ばね式温度センサーを内蔵。鍋底とセンサーがピッタリ接するので、温度を正確に測定しながら出力を自動調節して、設定温度を維持できる。

photo

真空調理、揚げ物、スロークックの調理モードがあり、付属のスティック温度計とサーキュレーターと合わせれば、かさばるスロークッカーを用意しなくても、手持ちの鍋でとろとろの角煮やシチューが作れる。

photo

内蔵のキッチンスケールは、具材の重さを計量したり、料理を上手に取り分けたり、ソースを好きな量まで煮詰めるのにも使える。

photo

付属品はコルクベースに収納し、本体と重ねて保管できる。本体の大きさは、28×37×5cm(ダイヤルの高さは除く)で、保管時の厚みは8cm。出力は1800W(UK/EU)または1600W(US)に対応する。温度範囲は30~250℃で、精度は設定値±0.5℃だ。

photo

Njori Tempoは、2021年6月26日までクラウドファンディングを実施中。6月22日時点で、5万ポンド(約770万円)の目標額を上回る約15万8000ポンド(約2400万円)を集めている。価格は319ポンド(約4万8000円)からで、出荷は2022年2月の予定だが、日本への発送は予定していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る