新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、Wi-Fiから同社サービスが利用できる「SORACOM Arc」など提供開始

ソラコムが、Wi-Fiや有線通信からSORACOMのサービスが利用できるセキュアリンクサービス「SORACOM Arc」や、NTTドコモ回線向け「IoT SIM plan-D」の新料金プランである「plan-D D-300MB」の提供を開始する。

SORACOM Arcによって、これまで同社が提供する通信サービス以外のWi-Fiや有線通信などの通信手段でSORACOMプラットフォームサービスを利用できるようになる。SORACOM Arcでは、仮想SIMを各デバイスに対して発行し、同SIMを使って認証することで、デバイスとSORACOMの間で安全に保護された通信経路を確立する。提供は2021年6月23日から。料金は初期費用が55円、基本料金が仮想SIM当たり月額55円(1GBの通信量を含む)、データ通信料は1GB当たり22円(いずれも税込)となる。

plan-D D-300MBは、NTTドコモ回線に対応するplan-Dに300MB分の通信料を含んだ新料金プランだ。通信料込みにすることで、月額料金の変動を抑えることができる。また、同社調べによると、従来のplan-Dユーザーの約8割が、新プランによって安価に利用できるようになるという。提供は2021年7月1日から。料金は初期費用が902円(先行発注は825円)からで、月額基本料が330円から。データ通信料は月300MBを超えた場合に500MBごとに110円(いずれも税込)となる。

「iSIM」(integrated SIM)の実証実験を開始

実証実験のイメージ 実証実験のイメージ

ソラコムは、次世代SIMテクノロジー「iSIM」(integrated SIM)の実証実験も実施した。

iSIMは、従来のセルラー通信において別々コンポーネントであった「通信モジュール」と「SIM/eSIM」の機能を、1枚のSoCに集約する技術規格だ。基板スペースの削減や回路の簡素化によるモジュールの小型化や軽量化、省電力化、さらに、処理能力の向上やコスト削減などが期待できる。また、チップ内でハードウェア的にセキュアな領域を確保できるため、セキュリティにも優れる。

今回の実証実験は、同社およびSony Semiconductor Israel、Kigenの3社で共同実施。セキュアな状態でセルラー通信網への接続、およびソラコムの各種プラットフォームへの接続が正常に行われることを確認した。今後商用利用に向けて引き続き実証実験に取り組む。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る