新しいものづくりがわかるメディア

RSS


街中を飛行する最新ホバーボードの動画を公開

Hunter Kowald/YouTube

「ホバーボード」といえば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』に登場した未来のスケートボードを思い出す人も多いだろう。ロサンゼルスのクリエーターHunter Kowald氏は、プロペラのついたホバーボードを開発し、路上を飛行する様子を公開している。

磁気で浮上するホバーボード、ジェットエンジンを備えたフライボードなど、世界でさまざまな方式のホバーボードが開発されている。Kowald氏が開発したのは、下向きのプロペラを複数備えた大型のドローンのような形状で、人が上に立った状態で浮上して飛行するVTOL(垂直離着陸機)だ。

テストでは、約227kgの重量を持ち上げることに成功。カスタムメイドの炭素繊維をはじめ、工業グレードの部品を利用し、安全テストでは約340kgの負荷にも耐えている。

電気系には冗長性を持たせ、複数あるモーターのうち2つまたはパワーシステムの1つが機能しなくなった場合でも、安全に着陸することができる。緊急の場合は、故障して失った力を補うために、プロペラが超高速で回転できるという。FAA認証のナビゲーションライトも搭載している。

ここに至るまでには、数々の失敗と多大な努力があったようだ。Kowald氏は「物理法則を破るなんてできないとみんなは言っていた」と語り、長年の成果をぜひ見てほしいとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る