新しいものづくりがわかるメディア

RSS


街中を飛行する最新ホバーボードの動画を公開

Hunter Kowald/YouTube

「ホバーボード」といえば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』に登場した未来のスケートボードを思い出す人も多いだろう。ロサンゼルスのクリエーターHunter Kowald氏は、プロペラのついたホバーボードを開発し、路上を飛行する様子を公開している。

磁気で浮上するホバーボード、ジェットエンジンを備えたフライボードなど、世界でさまざまな方式のホバーボードが開発されている。Kowald氏が開発したのは、下向きのプロペラを複数備えた大型のドローンのような形状で、人が上に立った状態で浮上して飛行するVTOL(垂直離着陸機)だ。

テストでは、約227kgの重量を持ち上げることに成功。カスタムメイドの炭素繊維をはじめ、工業グレードの部品を利用し、安全テストでは約340kgの負荷にも耐えている。

電気系には冗長性を持たせ、複数あるモーターのうち2つまたはパワーシステムの1つが機能しなくなった場合でも、安全に着陸することができる。緊急の場合は、故障して失った力を補うために、プロペラが超高速で回転できるという。FAA認証のナビゲーションライトも搭載している。

ここに至るまでには、数々の失敗と多大な努力があったようだ。Kowald氏は「物理法則を破るなんてできないとみんなは言っていた」と語り、長年の成果をぜひ見てほしいとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る