新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でレトロなアーケードゲームを——Raspberry Piを使った木製ゲームコンソール「Arcade Cabinet」

Raspberry Pi財団は2021年5月25日、Raspberry Pi活用事例として、ノルウェーの工業デザイナーであるAlexandre Chappel氏が作製した木製キャビネット「Arcade Cabinet」を紹介した。

photo

壁に掛けられたArcade Cabinetは、一見すると普通の木製キャビネットのようだが、フロントパネルを開けると、そこに現れたのはディスプレイ、ジョイスティックとボタン。Arcade Cabinetは、レトロな対戦ゲームをRaspberry Piで遊べるゲームコンソールだ。

Raspberry Piを使用しているが、コーディングスキルはなくても問題ない。実際、Chappel氏は、Raspberry Pi初心者だが、YouTubeに公開されているいくつかの動画を見ながらマルチエミュレーターのRetroPieをインストールし、USBに保存したゲームを実行できたという。

Raspberry Pi 4 Computer Model B(8GB)をメインに、市販のフルHD23.8インチモニター、ジョイスティック、押しボタン、スピーカーなどを使用した。いくつかの部品は3Dプリントで自作している。公開中の動画では、必要に応じて部品を分解して筐体にはめ込んでいる様子が分かる。

photo

筐体はオーク合板製で、外からネジが見えないような工夫が施されている。側面にはエッジテープを貼るなど見た目の美しさにもこだわり、配線やリセットスイッチもフレーム内部に上手に隠してある。

Arcade Cabinetの図面や3Dプリント部品のデータファイルは、15ドル(約1650円)で同氏のWebサイトから手に入る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る