新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新機能搭載Piカメラ2種——ケイエスワイ、マニュアルフォーカス機能搭載タイプと魚眼レンズタイプを発売

ケイエスワイが、Raspberry Pi向けにマニュアルフォーカス機能搭載タイプと魚眼レンズタイプの「Piカメラ」を発売した。

photo

2種のPiカメラは、いずれもイメージセンサーにOV5647を搭載した500万画素のカメラモジュールを採用する。

photo

マニュアルフォーカス機能搭載タイプは、焦点距離は6mmで1920×1080の動画記録に対応する。マニュアルフォーカス機能として、レンズ部分を回すことで焦点距離を変えることができる。FFCケーブル(15cm×1)が付属し、価格は2750円だ。

photo

魚眼レンズタイプは、一般的な画角72°に対して170°以上と、魚眼レンズによる広範囲の撮影が可能だ。焦点距離は1.55mmで、1920×1080の動画記録に対応する。FFCケーブル(15cm×1)が付属し、価格は3850円(価格はいずれも税込)だ。
両モデルともに、Picoを除く全てのRaspberry Piシリーズに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  3. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  4. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  5. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  6. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る