新しいものづくりがわかるメディア

RSS


作業時の負担を軽減する——1分で装着できるアシストスーツ「e.z.UP EZ102」

Asahichoが、バッテリー/モーターを使わないアシストスーツをリニューアルし、「e.z.UP(イージーアップ)EZ102」として2021年7月1日に発売する。

photo

前モデルのアシストスーツ「イージーアップ」は、同社が早稲田大学との3年間の共同研究を経て2019年に発売。バッテリーやモーターを使わず伸縮布やゴムのファブリックメカニズムを活用したアシストスーツだ。

腰やひざを曲げると腕が連動して自然に持ち上がり、腕と腰を同時に補助する。腕と腰の筋肉に対して20~30%の負荷軽減が可能になるという。作業着の上からでも違和感なく装着でき、フレームのない構造なので斜めに体を動かすことができるのも特徴だ。

photo

今回のリニューアルでは、1分以内で装着できるように着用を簡易化。生地の改良によって暑さ対策も施した。さらに、ファブリックメカニズム改良によってより快適に作業できるようになった。物流や建設の現場、製造現場、農作業や介護作業などでの利用を想定している。ただしパワーアシストではないため、着用者の筋力以上の力を発揮したり、運動機能を向上するものではない。

価格は4万4000円(税込)で、S、L、XLの3サイズが用意されている。同社Webサイトおよび代理店にて販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る