新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで円周率を計算——蛇口から円周率が流れ出す「Raspberry Pi Spigot」

Raspberry Pi財団は2021年5月27日、公式ブログでRaspberry Piを使って円周率を計算するプロジェクト「Raspberry Pi Spigot」を紹介した。同プロジェクトは、同年3月14日の円周率の日「Pi Day」に、Adrian Chung氏が公開したものだ。

photo

Chung氏はPi Dayの「スピードラウンド」コンテストに向けて、円周率を高精度に計算するツールとしてRaspberry Piの採用を思いついたという。円周率を一般的な多倍長計算で求めるのではなく、超越数を左の桁から順番に計算するSpigotアルゴリズムを取り入れている。Spigotアルゴリズムは、メモリの容量に制限されるが、短いプログラムの繰り返しで延々と円周率を計算し続けられるメリットがある。

photo

ディスプレイは、LEDドライバ「MAX7219」で制御する8×8LEDモジュールをSPI通信でRaspberry Piと接続する。蛇口から出る水を表現するLEDはGPIOピン×3と接続し、GPIOピン×2と接続したポテンショメータで、蛇口のハンドルの位置をチェックする仕組みだ。

Chung氏によると、Raspberry Pi Spigotを約6時間動かして8000桁以上の計算ができたという。もっと早く計算できる能力はあるが、ディスプレイ表示が追い付かずぼやけてしまうとのこと。

Raspberry Pi Spigotの作製方法の詳細は、ものづくりプロジェクト向けコミュニティプラットフォーム「Instructables(インストラクタブルズ)」でシェアされており、『The MagPi magazine』誌の2021年6月号にも紹介されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る