新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドローン配送のラストワンマイルを担う地上配送ロボを開発、スマートロボティクスとACCESS

(左)荷物保持アーム収納時、(右)同、展開時

スマートロボティクスとACCESSは、ドローンポートから個人宅の玄関先まで荷物の配送を担う地上配送ロボット(UGV、Unmanned Ground Vehicle)の試作機を共同開発した。

物流用ドローンを活用して荷物を配送する場合、広く開けたドローンポート(離着陸場)にいったん荷物を届け、そこから個人宅に配送する必要がある。一般的にドローンポートから個人宅までは距離があることが多く、この間のラストワンマイルの無人化がドローン配送における課題となっていた。

今回共同開発したUGVは、真空パッドによる荷物の吸着機能を持ち、搭載したカメラ映像を見ながら遠隔操作できる配送ロボットだ。最大積載サイズが200×300×350mmで同重量が5kg。598Whのバッテリーを搭載する。

実際の利用イメージ 実際の利用イメージ

両社は、互いの技術やノウハウを組み合わせることで、物流領域における産業用ドローンのラストワンマイル問題の解決、および新規市場開拓を実現することで地域経済に貢献できるとの考えが一致し、今回の共同開発に至った。今後も両社はUGVの研究開発を進め、上記の課題解決に取り組む。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る