新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンター造形・物販サービス「GCC-3D」が開始、第一弾は人体模型

ミマキエンジニアリンググループのグラフィッククリエーションは2021年6月30日、3Dプリンター造形サービスの物販サイト「GCC-3D」を開始した。

第1弾として、米国MIXED DIMENSIONSの「3Dプリント人体模型」を発売する。人体の美しさと複雑さを捉えた表現が特徴で、人体の表面、筋肉や内部の解剖学的構造を表現している。

同プロジェクトは2019年、Kickstarterでクラウドファンディングを実施。目標金額5000ドル(約55万7000円)に対し、最終的に279人から2万9500ドル(約328万7000円)以上を集めている。

性別や見た目(肌や筋肉、骨格)のオプションも変更可能だ。価格はサイズにより変化し、127mmで4900円、178mmで1万2100円、229mmで1万8200円、305mmで4万8300円だ(価格は全て税込み)。

今回発売する人体模型のような成形品は、製造する際に金型製作の必要があり、大量製造でなければ1個当たりの製作コストが高額となる可能性がある。同サービスでは、3Dプリンターを活用し、1個から注文を受け付けるため、比較的リーズナブルに立体物を製作できる点が強みだ。受注してから生産するシステムのため、CO2削減や廃プラなどの削減につながるため、環境負荷の低減にも貢献するとしている。同社は今後もコンテンツを追加予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る