新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンター造形・物販サービス「GCC-3D」が開始、第一弾は人体模型

ミマキエンジニアリンググループのグラフィッククリエーションは2021年6月30日、3Dプリンター造形サービスの物販サイト「GCC-3D」を開始した。

第1弾として、米国MIXED DIMENSIONSの「3Dプリント人体模型」を発売する。人体の美しさと複雑さを捉えた表現が特徴で、人体の表面、筋肉や内部の解剖学的構造を表現している。

同プロジェクトは2019年、Kickstarterでクラウドファンディングを実施。目標金額5000ドル(約55万7000円)に対し、最終的に279人から2万9500ドル(約328万7000円)以上を集めている。

性別や見た目(肌や筋肉、骨格)のオプションも変更可能だ。価格はサイズにより変化し、127mmで4900円、178mmで1万2100円、229mmで1万8200円、305mmで4万8300円だ(価格は全て税込み)。

今回発売する人体模型のような成形品は、製造する際に金型製作の必要があり、大量製造でなければ1個当たりの製作コストが高額となる可能性がある。同サービスでは、3Dプリンターを活用し、1個から注文を受け付けるため、比較的リーズナブルに立体物を製作できる点が強みだ。受注してから生産するシステムのため、CO2削減や廃プラなどの削減につながるため、環境負荷の低減にも貢献するとしている。同社は今後もコンテンツを追加予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る