新しいものづくりがわかるメディア

RSS


反射率98.1%の「最も白い」塗料を開発——塗るだけで冷却効果を発揮

Purdue University/Jared Pike

米パデュー大学の研究チームは、太陽光の98.1%を反射し、かつてないほど白いペンキを開発した。見た目が白いだけでなく、放射冷却効果もあるため、建物の壁に塗って表面温度を下げることができる。ヒートアイランド現象や地球温暖化の抑制につながるかもしれない。研究結果は、2021年4月15日付けの『ACS Applied Materials & Interfaces』に掲載されている。

市販のペンキは、反射率は80~90%程度で冷却効果もない。研究チームは、2020年10月にも反射率95.5%で冷却効果のある白色塗料を開発しており、今回はそれを上回る性能を記録した。

研究チームは100種類の材料の中から、化粧品や写真用紙に使われる硫酸バリウムを選択。高濃度の硫酸バリウムを使い、さらにペンキ内の粒子サイズに幅を持たせることで、太陽からの様々な波長の光を散乱させることに成功した。粒子の濃度が高いほど白くはなるが、ペンキが割れたり剥がれたりするので、高濃度にすれば良いというものではないようだ。

塗布テストでは、真昼の強い日差しの下で8℉(13℃)、夜間は華氏19℉(7℃)ほど、表面温度が周りより低くなった。

既存のペンキの製造工程とも互換性がある。このペンキを約1000平方フィート(約93m2)の屋根に塗れば、10kW分の冷却能力が期待できるという。「一般家庭向けのエアコンよりもパワフルだ」と、研究チームを率いるXiulin Ruan教授は語っている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る