新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スペースプレーン「Dream Chaser」着陸に関する着陸施設使用契約を締結——2022年にISSへの貨物輸送ミッションを予定

米Sierra Nevada Corporation(SNC)は、2021年5月4日、同社のスペースプレーン(航空機型宇宙船)「Dream Chaser」着陸に関する打ち上げ着陸施設使用契約を、フロリダ州政府の航空宇宙産業振興機関であるSpace Floridaと締結したと発表した。SNCは、アメリカ航空宇宙局(NASA)の第2期商業補給サービス契約(CRS-2)を獲得しており、2022年にDream Chaserによる国際宇宙ステーション(ISS)への貨物輸送サービスを提供する予定だ。

今回の施設使用契約締結により、SNCは、アメリカ連邦航空局(FAA)がSpace Floridaに対して発行した再突入施設運営事業者ライセンス(Re-entry Site Operator License)の下での最初の商用ユーザーとなる。また、この使用契約では試験時や着陸時に滑走路や支援施設などをSNCが使用することを定めている。この契約締結により、SNCは、2022年に予定しているDream Chaserの最初のミッションに必要となる、FAA再突入ライセンス申請に向けて一歩前進したことになる。

Dream Chaserは、一般的な民間ジェット機に対応している1万フィートの滑走路があり、FAAの認可を受けた着陸地点であればどこにでも着陸可能だ。低Gで再突入し滑走路に着陸するので、デリケートな貨物を保護し、着陸後に貨物をすぐに下ろすことができる。SNCは、滑走路への着陸は人間と科学の両方にとって最適なソリューションだとしている。

SNC CEOのFatih Ozmen氏は、「10年前にNASAのスペースシャトル計画が終了して以来、初めて商用輸送船が国際宇宙ステーションから帰還して滑走路に着陸することは、歴史的な成果となるでしょう」と述べた。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る