新しいものづくりがわかるメディア

RSS


YKK APが「未来をひらく窓—Gaudí Meets 3D Printing」を一般展示——3Dプリンターでつくる新しい窓のプロトタイプデザイン

YKK APは、3Dプリンターでつくる新しい窓のプロトタイプデザイン「未来をひらく窓—Gaudí Meets 3D Printing」を2021年10月15日から11月3日まで、東京ミッドタウンで一般展示する。

本展示は、最先端3Dプリンティング技術を用いた窓の研究開発に向けた産学共創プロジェクトの一環としての取り組みとなる。

自然と人々の暮らしの間で進化を遂げてきた「窓」自身が未来を切り開く様を表現すると同時に、YKK環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」や、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの「建築と自然の融合」という建築思想にも共鳴する。また「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かす取り組みでもある。

クリエイティブディレクターにクリエイティブスタジオPRODUCT DESIGN CENTERの鈴木啓太氏を迎え、企画からプロダクトデザインまでをYKK APとの共創という形で進める。また、ガウディ研究者の山村健准教授が学術的観点からプロジェクトに参加。グラフィックデザインはemuniの村上雅士氏、空間デザインは日西建築家ユニットYSLA Architectsが担当する。

ユネスコ世界遺産に登録されたガウディ建築「カサ・バトリョ」と「カサ・ミラ」の協力のもと、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021とDESIGNART TOKYO 2021へも同時に出展する。

2021年7月1日に開設した特設サイトとInstagramでは、展示にまつわる窓コンテンツを定期的に発信する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る