新しいものづくりがわかるメディア

RSS


YKK APが「未来をひらく窓—Gaudí Meets 3D Printing」を一般展示——3Dプリンターでつくる新しい窓のプロトタイプデザイン

YKK APは、3Dプリンターでつくる新しい窓のプロトタイプデザイン「未来をひらく窓—Gaudí Meets 3D Printing」を2021年10月15日から11月3日まで、東京ミッドタウンで一般展示する。

本展示は、最先端3Dプリンティング技術を用いた窓の研究開発に向けた産学共創プロジェクトの一環としての取り組みとなる。

自然と人々の暮らしの間で進化を遂げてきた「窓」自身が未来を切り開く様を表現すると同時に、YKK環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」や、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの「建築と自然の融合」という建築思想にも共鳴する。また「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かす取り組みでもある。

クリエイティブディレクターにクリエイティブスタジオPRODUCT DESIGN CENTERの鈴木啓太氏を迎え、企画からプロダクトデザインまでをYKK APとの共創という形で進める。また、ガウディ研究者の山村健准教授が学術的観点からプロジェクトに参加。グラフィックデザインはemuniの村上雅士氏、空間デザインは日西建築家ユニットYSLA Architectsが担当する。

ユネスコ世界遺産に登録されたガウディ建築「カサ・バトリョ」と「カサ・ミラ」の協力のもと、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021とDESIGNART TOKYO 2021へも同時に出展する。

2021年7月1日に開設した特設サイトとInstagramでは、展示にまつわる窓コンテンツを定期的に発信する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る