新しいものづくりがわかるメディア

RSS


YKK APが「未来をひらく窓—Gaudí Meets 3D Printing」を一般展示——3Dプリンターでつくる新しい窓のプロトタイプデザイン

YKK APは、3Dプリンターでつくる新しい窓のプロトタイプデザイン「未来をひらく窓—Gaudí Meets 3D Printing」を2021年10月15日から11月3日まで、東京ミッドタウンで一般展示する。

本展示は、最先端3Dプリンティング技術を用いた窓の研究開発に向けた産学共創プロジェクトの一環としての取り組みとなる。

自然と人々の暮らしの間で進化を遂げてきた「窓」自身が未来を切り開く様を表現すると同時に、YKK環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」や、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの「建築と自然の融合」という建築思想にも共鳴する。また「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かす取り組みでもある。

クリエイティブディレクターにクリエイティブスタジオPRODUCT DESIGN CENTERの鈴木啓太氏を迎え、企画からプロダクトデザインまでをYKK APとの共創という形で進める。また、ガウディ研究者の山村健准教授が学術的観点からプロジェクトに参加。グラフィックデザインはemuniの村上雅士氏、空間デザインは日西建築家ユニットYSLA Architectsが担当する。

ユネスコ世界遺産に登録されたガウディ建築「カサ・バトリョ」と「カサ・ミラ」の協力のもと、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021とDESIGNART TOKYO 2021へも同時に出展する。

2021年7月1日に開設した特設サイトとInstagramでは、展示にまつわる窓コンテンツを定期的に発信する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る