新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使って宇宙実験に参加——学生プログラムコンテスト「Astro Pi Challenge 2020/21」

Raspberry Pi財団は2021年6月2日、宇宙実験用コンピューター「Astro Pi」を使った欧州学生向けプログラムコンテスト「Astro Pi Challenge 2020/21」に1万5000人近くの学生が参加したと発表した。応募総数は9000以上で、ISS(国際宇宙ステーション)内で実行された。

photo

Astro Piは、Raspberry Piとカメラモジュール、センスHATを特別仕様のケースに封入した実験用コンピューターだ。同財団がESA(欧州宇宙機関)と共同開催する教育プロジェクトのため、2015年から「Izzy」「Ed」の2台がISSに載せられている。

コンテストでは、「Mission Zero」と「MISSION SPACE LAB」の2部門を設けている。

photo

Mission Zeroは、14歳以下を対象としたビギナー向けミッションだ。参加者はセンスHATを使ってISS内の湿度を測定し、測定結果と宇宙飛行士に向けたメッセージをLEDマトリックスに表示するようにプログラムを作る。24の国から1万4054人の学生が参加した。今年は個人参加を受け付けたこともあり、コロナ禍にも関わらず、前年とほぼ変わらないエントリー数となった。

photo
photo

Mission Space Labは、19歳以下を対象としたチームによるコンペで、232チーム、939人が参加した。チームはIzzyの近赤外カメラを使い地球環境を解析する「Life on Earth」、もしくはEdのセンサーを使いISS内部環境を解析する「Life in space」のいずれかのテーマに沿った科学実験を考案、実行、分析する。既に、プログラムの実行と実験データの取得は済み、チームは解析と報告書の作成を進めている。最終審査の後、上位10チームが表彰される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る