新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホで飛ばす鳥型ドローン「MetaBird」がGREEN FUNDINGに登場

スマートフォンで操作する鳥型ドローン「MetaBird(メタバード)」が、GREEN FUNDINGにおいて2021年7月2日に先行販売を開始した。

photo

MetaBirdは、クラウドファンディングにて820万円以上の支持を得た前作「MetaFly(メタフライ)」の後継機で、専用コントローラーではなくスマートフォン専用アプリ「BIONICBIRD」で操作を行う。

photo

自然の生物の機能を模したバイオミティクス(生物模倣)に基づき開発され、カーボンファイバー、液晶ポリマー(LCP)、OPP(二軸延伸ポリプロピレン)を使って製作している。約150mの範囲で通信可能で、アルミラジエーターを備えたメインモーターは、機械的なノイズがほとんど聞こえず本物の鳥のように見えるという。

photo
photo
photo

両翼の端から端までの長さは33cm、梱包サイズは20×12×3cm、本体重量は約9.5g。自律飛行時間は約10分間、USB接続により充電を行い、充電時間は約12分間。飛行距離は約150m、飛行スピードは時速5~20kmに調整可能だ。

photo

セット内容はMetaBird本体×1、翼×2、尾翼×1、充電用コネクタ付きUSBケーブルで、一般販売予定価格は1万5400円。GREEN FUNDINGでは、30%オフとなる1万780円で購入できるプランなどを用意している(価格はすべて税込)。

photo

MetaBirdは2021年7月31日までクラウドファンディング中だ。目標金額10万円に対し、2021年7月6日の時点で約146万円を集めている。リターンは2021年11月に発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  9. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る